スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤巻幸夫(現・幸大)氏の『自分ブランドで勝負しろ!』を読んで

藤巻幸夫氏の『自分ブランドで勝負しろ!』
を読んで共感したこと


藤巻幸夫(現・幸大、以下幸夫)氏は、現在、

みんなの党所属の参議院議員、

フジマキ・ジャパン副社長、藤巻兄弟社社長を含む

数社の役員に就任しています。


私は、幸夫氏と同じ名字ですが、直接のつながりは

ありません、

先祖を遡っていけば、つながるかもしれませんが。


幸夫氏には、健史(たけし)氏というお兄さんがいます。

この方は、外資系金融機関で東京支店長兼債券の

トレーダーに長年従事し、

「伝説のトレーダー」と呼ばれました。

現在、日本維新の会所属の衆議院議員です。


自分ブランド力と自分ブランド

自分ブランドで勝負しろ! 藤巻 幸夫 インデックス・コミュニケーションズ




この本の中で語られていることに、共感することが

多くありました。


私のブログのタイトルである、『究極の「自分ブランド力」

強化法』に使われている「自分ブランド力」と

幸夫氏の「自分ブランド」とは、

ほぼ同じことを指しています。


ここでは、幸夫氏の「自分ブランド」で話を

進めていきます。


ご存知のように、幸夫氏は伊勢丹新宿店の

カリスマバイヤーとして

名を馳せました。


40歳で退職し、アパレル業界だけでなく、

本書執筆当時は足袋やストッキングで有名な

福助の代表取締役社長でした。


本書を読んで感じるのは、幸夫氏のほとばしる

「熱さ」が伝わってくることです。


情熱を持って語っている、といっても過言では

ありません。

音声ではなく、文字ですが、「熱さ」がびんびん

伝わってくるのです。


それはなぜかと考えたら、幸夫氏は人から借りた

言葉でなく、自分の言葉で語っているからだ、

と読んでいるうちに気づきました。


今から9年前に出版された本ですが、まったく古さは

感じません。

むしろ今だからこそ、幸夫氏の言葉の一つ一つが

大切なことである、と思えます。


「自分ブランド」を確立することは、誰にとっても

大切なことです。

アイデンティティと言ってもよいかもしれません。


最初に、私にとって耳の痛い言葉をご紹介します。

何はともあれ「実体験」ありき、ということだ。

疑似体験で終わらせているうちは、自分のセンスは

1ミリたりとも磨かれないと思え!(P.89)



「まずは自分の体験から学んでいくべきだ」という教えは、

共感するとともに、反省する機会を与えてくれました。


幸夫氏が実践している、熱く語るということについては、

次のように書いています。

自分というブランドを磨いてきたならば、

そのスタイルを自らの手で周りに示していくという

姿勢が必要だ。

その過程であなたが自分の思いを熱く、熱く、熱く

周りに語ることができたなら、人々の心はやおら

激しく動き出す。

(中略)

いまビジネスに求められているのは、

この「感動」というキーワードである。(P.102)



こうした情熱や感動といったことを語る一方で、

自分の限界を見極めることも大切だ、とも書いています。


自分ができないことや得意でないことは、他人に

やってもらいことにためらいは不要だとも。

もっともっと、自分の限界というものを、

まず自分自身がよく知るべきである。

(中略)

1人の力よりも大勢の力を借りたほうが、

できることは圧倒的に拡がっていく。

そんな当たり前の事実を、もっと真摯に

受け止めよう。つまらない意地や見栄は

張らずに、周りの人の「こいつはここが

すごい!」という部分をしっかり見出しては、

自分がまとめ役になって大きな花火を打ち

上げていく。(P.147)




自分をブランド化するとはどういうことなのかを

エピローグで語っています。

結局のところ、自分をブランド化するとはどういうことなのか。

それは何かしらの武器をもつことだったり、

信念をもつことだったりと、さまざまな面がある。

たとえば私というブランドは、

しゃべりを武器にして、モノや人を見抜くセンスを磨きながら

形成されてきた、と言えなくもない。

だが、何よりも私が手に入れたいと求めてきたものは、

また別のところにある。

どうしても自分の中に築きたかったもの――――

それは「挑戦」というスタイルだ。(PP.229-230)



幸夫氏の「熱さ」は伝わってきたでしょうか?




記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。









★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク





スポンサーサイト

藤巻幸夫氏の自分ブランドとは?

カリスマバイヤーの異名を持つ
藤巻幸夫氏の自分ブランドとは?


伊勢丹新宿本店に勤務していた当時、

藤巻幸夫氏はアパレル業界に「藤巻幸夫あり」と

名をほしいままにしました。


あなたもマスメディアで一度や二度は、藤巻幸夫氏の名前を聞いたり、

写真を見たことがあると思います。


その藤巻幸夫氏は、経済評論家・公認会計士の勝間和代氏との

共著『勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」~自分ブランドで

課題克服(NHK出版生活人新書) 勝間和代, 藤巻幸夫
』で、

「自分ブランド」について述べています。


とても参考になりますので、今回取り上げることにしました。

ファッションの世界のブランドと自分ブランドとを対照しながら、

具体的に説明しています。


 『私は、ファッションの世界で勝ち残ってきたブランドには、

次の3つの要素があると思っています。

ストーリー(物語)・・・・・・確固たる意志と、それが生まれてきた背景

ヒストリー(歴史)・・・・・・売れない時代にも負けないことによって刻み
                込まれた時間


フィロソフィー(哲学)・・・・・・・とにかく作り続けるのだという意識

(中略)

 それを人間にあてはめれば、信念を持って行動し(フィロソフィー)、

自分がどのような軌跡をたどってなぜここにいるのか、

なぜコレにこだわるのかという目的や使命を自覚して(ヒストリー)、

自分の言葉で周囲の人々に語りかけ、人の心を巻き込めながら、

より大きな仕事を実現していくこと(ストーリー)


それが、自分という人間を、信頼に足るブランドとして作り上げる

ということです』


では、「自分ブランド」の根っこの部分はどこにあるのでしょうか?

その点について、藤巻幸夫氏は次のように述べています。


 『「自分ブランド」のよりどころとなるのは、自らの立てた「志」

です。これがなければ、たとえ広い人脈があってもそれを生かす

ことができません。また「志」は、課題を克服したり失敗をする

ことによってどんどん磨かれていきます。それが普遍性を持つように

なったときに、周囲の人々はこの「志」に共感を抱き、巻き込まれて

いくのです』


では、何が本当に大切なのでしょう?

それは、「思いを継続させること」と藤巻幸夫氏は断言しています。


 『大切なのは思いを継続させること。それこそ細く

長くでもいい。ちょっとのことで諦めたりせずに、志や夢を追い続ける。

そこから、人にも愛されるような「自分ブランド」ができていくのだと、

私は思います』



こうした藤巻幸夫氏の「自分ブランド」に対する思いを、相手役の

勝間和代氏は、別の視点から次のように述べています。

勝間和代氏が述べていることは、「自分ブランド」(私は、「自分ブランド力」

と言っています)は誰でもが立ち上げられることで、私も強調したいところ

です。


 『ブランドというのは、才能や財産に恵まれた人だけが立ち上げる

ものではない。それぞれの人の強みとスタイルに応じたブランドが

ある
のです。「自分ブランド」を立ち上げようと思うならば、

まずは一人ひとりが自分の強みは何かとわが身に問いかけ、ブランド・

イメージ、目標を設定する。そして、それを実現するために行動を起こす。

この「行動を起こす」ということが、何よりも大切なのです』


そして、その行動を起こすのは、某予備校のカリスマ講師、林修氏が言って

有名になった言葉、「いつやるの? 今でしょ!」ということです。


* 藤巻幸夫氏は、現在では「幸大」に改名しています。
   本ブログでは、出版当時の名前で表示しています。
 



記事を読んで、面白かったら
ポチッとしてください。






★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

スポンサード・リンク




         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆(ふじまき・たかし)

Author:藤巻隆(ふじまき・たかし)
藤巻隆(ふじまき・たかし)と申します。

メインサイト本当に役に立つビジネス書は2001年4月16日に立ち上げました。今年(2013年)で12年になります。

このサイト以外に複数サイトを運用しています。

ブログも新・大前研一名言集(改)をはじめ複数ブログを運営しています。

その他にフェイスブックやツイッターのSNSも利用しています。

今回立ち上げたブログは、パーソナル・ブランディング(自分ブランド力)を強化する方法を述べたものです。

あなたも自分ブランド力を強化するために参加してみませんか?

カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

サイト内ランキング



サプリメントを使った健康維持

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ビジネス
3651位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
834位
アクセスランキングを見る>>

スポンサード・リンク

だいぽん

抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

 

アマゾン・サーチボックス

アクセスランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


MANGA STREET

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

最新コメント

最新トラックバック

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。